SNSで世界とつながる

SNSで世界とつながろう

前回の投稿の冒頭でも触れた、世界中で話題になっているSNSですが、たくさんの種類があるのでどれを利用すればよいか迷ってしまいますね。ここでは現在多くのユーザーがいるSNSがどのような人に向いているのか、そのSNSがどのような特徴があるのか、それぞれのSNSのサービスについて詳細を紹介していきましょう。

 

招待制から始まったmixi

日本でSNSという言葉が広まったのはmixiが広まってからでしょう。Mixiは招待制から始まったSNSです。友達からの招待がなかったら利用することはできません。Mixiの特徴はコミュニティが豊富なため同じ趣味をもつ人と出会いやすいです。また日記やつぶやきなど色々なツールで友人に近況を知らせたり、思っていることなど情報発信できたりするのでおすすめです。また実名登録ではなく、好きなニックネームでのやりとりが可能なので個人情報流出やプライバシー保護に関しても問題ありません。

 

Twitterは手軽に利用できるSNS

Twitterも全世界に愛されるSNSの1つ。Twitterは140文字以内でつぶやくSNSなので、手軽に思ったことを他のユーザーに発信できます。短文で表現したい人や交流したい人におすすめのSNSになります。またTwitterを利用している芸能人は多いので、芸能人と気軽に交流できる場としてもTwitterは人気を集めています。芸能人のTwitterのフォロワーになれば、憧れの芸能人とコミュニケーションを取れるチャンスがあります。

 

Google+

Google+は実名制のSNSの1つ。趣味を通じて色々な人と繋がりたいという人におすすめのSNSです。匿名制のSNSは怖い、安全性が乏しいと感じる人は実名制のGoogle+はおすすめですよ。周りに同じ趣味をもつ人がいない場合はぜひ利用してみてください。素敵な出会いがあるかもしれません。

 

インスタグラム

インスタグラムは自分の撮った写真を掲載して、いいねやコメントをもらうSNSです。おしゃれなご飯やインテリア、ファッションなどに興味を持つ方が多く発信されており、芸能人でも愛用者が多いです。またタグ付ができるので同じような写真を検索することもできますよ。

カテゴリー: SNS
SNSで嫌いになった!!

SNSで友達を止めたくなった瞬間とは?!

フェイスブックインスタグラムツイッターなどSNSは私達の生活には欠かせません。毎日SNSをチェックしなければ気が済まないとう人もいるでしょう。SNSを楽しむ方もいれば、一方でSNS疲れが深刻になっています。例えば友達の投稿を見て妬みやうらやましさを感じたり、友達を辞めたいと思ったりすることもあるかもしれません。ここではSNSで友達をやめたくなった瞬間について考えてみましょう。

 

他人のコメントを荒らすような人は嫌われる

自分の投稿に対して、下ネタを書き込んだり、笑えない冗談を書き込んできたりする友人が中にはいます。このようなことをする人によいイメージを抱く人はいないでしょう。投稿した本人からしたら冗談のつもりかもしれませんが、書きこまれた方としては悲しいですし、そのことが原因で真剣に悩んでしまう人もいるようです。

 

悪口を書き込む人は友達をやめたくなる

ツイッターやフェイスブックで他人に対する悪口を書き込む人がいます。普段から人の悪口を相手に見られないように閲覧制限をかけて書き込んでいるという強者もいます。不特定多数の人が見ているSNSで人の悪口を書く人はやはり周りからしたらよい印象を持たれることはないでしょう。

 

マルチ商法などを勧誘してくる人

マルチ商法に引っかかっている人の中にはSNSを通じて、紹介したり勧誘したりしてくる人がいます。このような人は友達をなくしてしまう人が多いでしょう。また投稿する量が、非常に多い人も何かのマルチ商法に勧誘してきているのか?と勘違いしてしまうかもしれません。陰口をたたく人は嫌われますので友達をやめるのは正解かもしれません。

 

昔からの友人や同僚、遠くに住んでいる友人や知り合いなどSNSでは手軽に色々な人とつながりを持てます。しかしSNSで相手の本心や性格を知ってしまうこともありますので気を付けておきたいですね。友達を減らさないためにも回りの人が嫌がるような投稿などは避けておくべきでしょう。他の人が不愉快になる発言はSNS上では決して出してはいけません。

カテゴリー: SNS
パスワードとセキュリティーのイメージ

ITセキュリティーについて

インターネットを利用するとどうしてもアカウントの乗っ取りや成りすましなど様々な事件に巻き込まれる可能性があります。IDやパスワードを盗まれてしまう被害もありますのでITセキュリティーに関してはしっかりと万全にしておく必要があります。意外なことに、多くの人は覚えやすいパスワードやIDをつけたがります。ITやパスワードを忘れてしまうとログインできませんので、できるだけ忘れにくいもの、覚えやすいもの、単純なものなどをチョイスする人が多いのです。しかし誰にでも推測可能な単純な文字列にしてしまうとハッカーなどにすぐに見破られてしまうのです。

 

ありがちで破られやすいパスワードとは

「最悪なパスワード トップ25」(カッコ内は前年順位

1:123456 (1)
2:password (2)
3:12345678 (4)
4:qwerty (5)
5:12345 (3)
6:123456789(6)
7:football (10)
8:1234 (7)
9:1234567 (11)
10:baseball(8)
11:welcome (New)
12:1234567890 (New)
13:abc123 (14)
14:111111 (15)
15:1qaz2wsx(New)
16:dragon (9)
17:master (19)
18:monkey (12)
19:letmein (13)
20:login (New)
21:princess(New)
22:qwertyuiop (New)
23:solo (New)
24:passw0rd (New)
25:starwars (New)

引用元:ねとらぼ 「最悪なパスワード」2015年版ランキングが発表 1位は「123456」

上記のリストを見ると、「こんなの嘘でしょ?」とつっこみたくなるようなパスワードが羅列されていますが、悲しいかな、これが私たちの実態なのです。

みなさん、くれぐれも悪用しないようにして下さい。

個人情報から巧みにパスワードを探る方法とは

ハッカーのイメージ画像

さらに個人を特定できてしまうと、誕生日や名前の組み合わせやペットの名前などをヒントにして推察しやすくなってしまいます。よくある秘密の質問もSNSなどをチェックしていれば簡単に答えが分かってしまうということも多いのです。ではパスワードやIDなどITセキュリティーを万全にするためにはどうすればよいのでしょうか?それは覚えないことが一番なのです。

つまりどういうことかというと、覚えやすいパスワードやIDは使わないのです。では利用する時はどうすればよいのか?ということですが、パスワード管理ソフトを利用するとよいでしょう。パスワード管理ソフトは複数所有しているIDやパスワードを一括で管理してくれるソフトなので非常に便利です。ソフトを利用するためのマスターパスワードを1つだけを覚えれば済みますので、他は数字やアルファベッド、さらには記号が混じったような複雑なIDやパスワードでも問題なく設定できるはずです。

総務省の「ウェブサービスに関するID・パスワードの管理・運用実態調査結果」はこちら

さらにソフトによっては、他の人に見破られにくいパスワードを自動的に作成してくれるタイプもありますので非常に便利です。ソフト自体もブラウザと連動して、ログインしたいサイトを開いたら管理ソフトが立ち上がって、そこでマスターパスワードを打ち込むだけでOKです。パソコンがもしもハッキングされたとしても、マスターパスワードだけを知られずに済めば、プライバシーを守ることができるのです。
セキュリティーアップのイメージ