ITセキュリティーについて

インターネットを利用するとどうしてもアカウントの乗っ取りや成りすましなど様々な事件に巻き込まれる可能性があります。IDやパスワードを盗まれてしまう被害もありますのでITセキュリティーに関してはしっかりと万全にしておく必要があります。意外なことに、多くの人は覚えやすいパスワードやIDをつけたがります。ITやパスワードを忘れてしまうとログインできませんので、できるだけ忘れにくいもの、覚えやすいもの、単純なものなどをチョイスする人が多いのです。しかし誰にでも推測可能な単純な文字列にしてしまうとハッカーなどにすぐに見破られてしまうのです。

 

ありがちで破られやすいパスワードとは

「最悪なパスワード トップ25」(カッコ内は前年順位

1:123456 (1)
2:password (2)
3:12345678 (4)
4:qwerty (5)
5:12345 (3)
6:123456789(6)
7:football (10)
8:1234 (7)
9:1234567 (11)
10:baseball(8)
11:welcome (New)
12:1234567890 (New)
13:abc123 (14)
14:111111 (15)
15:1qaz2wsx(New)
16:dragon (9)
17:master (19)
18:monkey (12)
19:letmein (13)
20:login (New)
21:princess(New)
22:qwertyuiop (New)
23:solo (New)
24:passw0rd (New)
25:starwars (New)

引用元:ねとらぼ 「最悪なパスワード」2015年版ランキングが発表 1位は「123456」

上記のリストを見ると、「こんなの嘘でしょ?」とつっこみたくなるようなパスワードが羅列されていますが、悲しいかな、これが私たちの実態なのです。

みなさん、くれぐれも悪用しないようにして下さい。

個人情報から巧みにパスワードを探る方法とは

ハッカーのイメージ画像

さらに個人を特定できてしまうと、誕生日や名前の組み合わせやペットの名前などをヒントにして推察しやすくなってしまいます。よくある秘密の質問もSNSなどをチェックしていれば簡単に答えが分かってしまうということも多いのです。ではパスワードやIDなどITセキュリティーを万全にするためにはどうすればよいのでしょうか?それは覚えないことが一番なのです。

つまりどういうことかというと、覚えやすいパスワードやIDは使わないのです。では利用する時はどうすればよいのか?ということですが、パスワード管理ソフトを利用するとよいでしょう。パスワード管理ソフトは複数所有しているIDやパスワードを一括で管理してくれるソフトなので非常に便利です。ソフトを利用するためのマスターパスワードを1つだけを覚えれば済みますので、他は数字やアルファベッド、さらには記号が混じったような複雑なIDやパスワードでも問題なく設定できるはずです。

総務省の「ウェブサービスに関するID・パスワードの管理・運用実態調査結果」はこちら

さらにソフトによっては、他の人に見破られにくいパスワードを自動的に作成してくれるタイプもありますので非常に便利です。ソフト自体もブラウザと連動して、ログインしたいサイトを開いたら管理ソフトが立ち上がって、そこでマスターパスワードを打ち込むだけでOKです。パソコンがもしもハッキングされたとしても、マスターパスワードだけを知られずに済めば、プライバシーを守ることができるのです。
セキュリティーアップのイメージ